TRPG(テーブルトーク ロールプレイングゲーム)とは

≪トップページに戻る≫

そもそも
 そもそもロールプレイングゲームという言葉の意味はロール(役割)をプレイ(演じる)するゲームというものです(月並みな説明ですが(笑))。各プレイヤー(遊ぶ人)がキャラクターと呼ばれる架空の人物などを演じ、一定のルールやモラル、状況の範囲内において自由に行動し、お話を進めていく遊びです。まあルールのある「ごっこ遊び」のようなものでもあります。小さい頃にやった「ままごと」などの遊びも、広い意味ではロールプレイングといえるかもしれません。
 実際に身近なところにあるロールプレイングといえば、古くはパソコンやファミコンで現在では様々なゲーム機で発売されているコンピュータゲームがあります。このコンピュータゲームのジャンルはパソコンで出た「ウィザードリィ」や「ウルティマ」などがその草分けで(今もこれらシリーズは続いてますが)、日本でゲームファン以外の一般の人にも広く知られるようになったのは、ファミコンの「ドラゴンクエスト」のころからです。「ウィザードリィ」も「ウルティマ」も、もとは後述される「D&D(R)」というロールプレイングゲームを参考にして作られたものだと聞いています。現在ではロールプレイングゲームと一般に言えばこれらコンピュータゲームのことを指すことがほとんどですが、本来はコンピュータを使わない、判定役の人間が全てを取り仕切るものの方をロールプレイングゲームと言っていました。ただし現在ではコンピュータゲームの方が圧倒的にメジャーなためか、もとのロールプレイングゲームの事は「テーブルトーク ロールプレイングゲーム(以下TRPG)」と呼ばれることが多いようです。テーブルトーク、まさに卓上で会話によって繰り広げられるロールプレイング(以下RPG)ということですね。


出会い
 私が初めてTRPGというものに出会ったのは、高校生の頃でした。友人が持って来た風変わりなゲームを何人かで遊んだのが初めてで、それは確か高千穂 遥 氏の小説「クラッシャージョウ」(当時はアニメにもなってた気がします)を題材にしたものだったと思います。そのゲームの実際の詳しい内容については残念ながら全然(笑)覚えていません。なにせその時は、よく意味がわからずにプレイしてたものですから、当然といえば当然です。「クラッシャージョウ」はそれほど長くは遊ばれなかったような気がします。やがてその話もあまりしなくなっていた頃、ある友人が別のゲームの話を持って来ました。お恥ずかしい話、当時私は結構オカルト系の分野についてマニアックでして(笑)、彼が私を誘うために言うには、「そのゲームには、君が興味をもってる魔術やら精霊やらが登場するよ」という話でした。プレイに参加する人数を多く確保しようと、あれこれ言って参加者を集めていたのでしょうが、私もその中の1人だったわけです。
 そうして始めることになったのが、アメリカっぽいドラゴンの絵が描いてある鮮やかな赤い紙箱に入った2冊の本、「ダンジョンズ & ドラゴンズ(R)(Dungeons & Dragons(R)」でした。これはアメリカのTSR社という会社が出していたゲームで、その友人の説明によれば、選択肢の自由なゲームブック*1のようなもの、ということでした。



プレイ
 「ダンジョンズ&ドラゴンズ(R)(以下D&D(R))」のプレイの舞台となる世界*2は、当時ゲームブックでも比較的一般的だった「剣や魔法」などが実在し共存するファンタジーっぽい世界ということで簡単に説明され、自分が担当してプレイすることとなる分身とも言えるキャラクターを作りました*3
 実際のプレイでは、作ったキャラクターを演じて遊ぶプレイヤーという人たち数人と、ゲームマスター*4と呼ばれる人が参加します。ゲームマスターという人は、様々な事柄を判定したり、シナリオを作ったり、またプレイヤーの受け持つキャラクター(プレイヤーキャラクター=PCといいます)を除く全ての登場人物(ノンプレイキャラクター=NPCといいます)、例えば酒場のオヤジとか、雑貨屋の奥さん、はたまた街で見かける近所の子供、それどころか敵として登場する怪物や敵として出てくる悪者など全てを受け持つ役目の人のことで、コンピュータゲームのRPGの場合は、コンピュータがこの役割を果たします。
 状況の説明を受けたPCたちは、ある者は以前から友人だったことになり、ある者は酒場で知り合ったことになり、パーティ*5と呼ばれるグループを作りました。そうして富みや名声、あるいは純粋に冒険を求めて、洞窟や廃墟を探検したり、街の人などに仕事を依頼されたりして、悪い怪物などを退治したりしていくことになったのです。冒険や任務の間には、怪物に襲われたり、悪者と戦うことになったりします。その場合にはルールに基づいて戦闘を判定し(やはりサイコロを使います)、その結果を出すことになります。当然、運が悪ければ戦いの最中に傷を受けたり、また崖から落ちるなどの事故によって、自分のキャラクターが死亡してしまうこともありえます。実際、たくさんプレイしてきた中で、何人ものキャラクターを失ってきた経験があります(泣)。


*1 当時、巷ではゲームブックというものが流行っていました。おおまかにいえばこれは1冊の本のようなものですが、それぞれの項目(パラグラフ)の最後には選択肢があり、その選択肢の選んだ方に指定されているページ(または項目)を続いて読んでいくことにより、1つのお話しや冒険などの物語的なものになるというものです。多くのものは、ただ読み進んでいくだけではなく、戦いのルール(簡単なものですが)があって、場合によっては各項目で出会った怪物などと戦い、その勝敗を自分で判定して勝利すれば先に進めるという(負ければ多くの場合はゲームオーバー)形式になっていました。たしかにこれらゲームブックは面白いのですが、選択肢を示されても「そうじゃなくてこうしたい」などの選択肢以外の選択をしたくなる場合が多々あったのも事実です。

*2 D&D(R)の場合はファンタジー的世界でしたが、これはゲームによってことなります。SF世界を舞台にするものや、現代を舞台にするものなど様々です。またゲームを司る役「ゲームマスター」がオリジナルの世界を構築し、そこを舞台にすることもあります。

*3 多くのTRPGはそうですが、D&D(R)でも各種のサイコロを使って能力値を決めていきます。能力値というものは、各キャラクターの肉体的な強さや素早さ、頭脳的な知識の量や判断力などを、数値で表すものです。例えば「強さ」の能力値が低くて「知識」の能力値が高いキャラクターであれば、その人物は「体は少しひ弱だけど、頭はいい」というような感じになります。


*4 ゲームマスターというのは一般的な呼び名です。実際にはゲームによって呼び方は異なります。D&D(R)、AD&D(R)などではダンジョンマスターですが、他のゲームでは「キーパー」「レフェリー」など様々です。

*5
 パーティという言葉は「一隊」とかいう意味です。よく冬にニュースで言ってる「雪山を登山していたどこどこの登山家のパーティが遭難しました」とかいう時のパーティと同じです。

魅力
 RPGにはたくさんの魅力があります。冒険中の事件やサスペンス、手ごわい敵との戦いに生き残るというスリル、ある任務をやり遂げた時の達成感、それにゲームマスター、プレイヤーの誰もが予想してなかった成り行きの事態の解決(笑)など。気の合った仲間と冒険を成功させた時の喜びはなかなかのものです。
 もちろん、いつも気のあった仲間だけとは限りません。時には馬の合わないプレイヤーもいるでしょう。しかし一定のルールとマナー(ゲームに限ったことではありませんが)を守ることによって、ゲームは快適なものとなりえます。馬が合わないと思っていた人の意外な一面が発見できるかもしれませんしね。もちろんその逆もありえますけど(笑)。

 プレイ中には、問題解決の様々なヒントや、敵の攻略のための突破口を見つけなくてはならない状況になることもあります。こんな時、物事を論理的に考えたり、ひらめきで実行(笑)するなど、様々な行動によって解決が導かれることがあります。このような問題解決のための思考というものは、頭脳の体操としても大変よいものではないでしょうか。



実際のプレイ
 実際にTRPGをプレイするには、まずメンバーを集めなくてはなりません。1人で遊ぼうと思えば全然全く100%は不可能ではありませんが、あまりお薦めはしません。ただし、D&D(R)の公式サプリメントのシナリオの中には、最初から1人でプレイする事を目的として作成されたものもあります。しかしこれは実際にはゲームブックのようなもので、本来の意味のTRPGとは異なるもののような気がします。
 通常、プレイの最小単位はゲームマスターとプレイヤー1人の2人でしょう。これはメンバーが集まらない時は当然ですが、同じキャラクターを連続してプレイするキャンペーンと呼ばれるプレイスタイルの場合、他のメンバーが会場となる場所にやって来る前に、先にその場所に来たプレイヤーがキャラクターの個人的な買い物を済ませておきたい場合などにも見られる形態です。
 やはりプレイヤーは2、3人〜4、5人はいたほうが面白いと思います。プレイヤーキャラクター同士の会話や掛け合いも面白さの1つですからね。それに何よりパーティプレイという、みんなで役割分担して各人が能力を発揮して冒険を成功させることが楽しいのです。
 身近でメンバーが集まらない場合、専門の雑誌(今はほとんどありません(泣))のメンバー募集情報を見るか、地域のゲーム取り扱い店などの掲示板や貼り紙、また店の人に聞いたりして情報を得ることが必要となるでしょう。今は専用のホームページもあったりしますから、そういうところでも情報は入手できますね。
 メンバーが集まったなら次は場所です。学生ならメンバーの家というのも随分ポピュラーな会場です。大学のころなど、学校に食堂兼自習室の広いところがあり、そこでよくプレイしたものです。夕方暗くなるまでプレイし、シナリオのクライマックスの辺りで照明を消され、戦闘の最中に真っ暗になってしまった事とか(笑)。懐かしいですね。食堂でのプレイは、人の少なくなった後の時間にしか行ないませんでしたが、これはプレイに関係のない人に迷惑をかけないためにも当然のことでしょう。むやみに騒いだり奇声(笑)を発したりして迷惑をかけたりすることのないように気をつけましょう。それでなくても意味不明な会話をしてサイコロを転がし、それで一喜一憂してる怪しい一団なのですから(笑)、人に迷惑なんかかけたらそれこそ迫害されますよ(笑)。人に迷惑をかけないというのは、どの会場でも共通の注意事項ですね(当然ですけど)。
 学生、それに社会人でも1人暮らしの頃までなら友人宅で…というのも可能ですが、社会人になり、結婚してたりすると、なかなかそういうわけにはいかなくなります。そんなことはないだろう、とかいう意見もあるかもしれません、でもそんなもんです(笑)。こういう場合、メンバーに1人暮らしの人がいて、さらにその住んでる部屋がそこそこの広さがある場合は、その住人(メンバー)の許可しだいでOKでしょう。しかし、それが無理な場合、どうしようかという事になります。その場合、公民館の1室などを借りてプレイするという手もありますが、早い時期からの予約と使用目的の説明、そして使用許可をもらうという大事な段取りがありますので、その辺りはいろいろ努力が必要な部分はあろうかと思います。



コンベンション
 コンベンンションに参加するという手もあります。コンベンションとは、ゲームサークルなどが開催する、言ってみればゲーム大会(笑)のようなもので、大抵は外来の一般参加者にも参加してもらうことを主旨としていたりもします。そして主催者側が準備したいくつかのゲーム(必ずしも希望するゲームがあるとは限りませんが)から1つを選んで参加し、初対面の人たちとも一緒にプレイすることになるのです(回数を重ねると馴染みの人が増えてきたりしますけどね(笑))。参加料が多少必要な場合もありますので、その辺の用意は必要です。これは会場費などを賄うためにも必要だったりするので、よほど高額な場合は別ですが、そうでなければ気持ち良く収めてあげてくださいね(笑)。


ゲームサークル
 またサークルに所属するという手もあります。各サークルは、だいたい月1回くらい定例会(例会、常会という場合もあります)という会合を持っています。これは実際にはサークルメンバーのゲーム会のようなものですが、一般参加を受けつけていることも多いようです。ゲーム取り扱い店や雑誌などで定例会の情報を得ることもできるかもしれませんし、興味があるならサークルの人に連絡をつけてみるのもよいかもしれません。ゲーム取り扱い店の人に聞いてみれば、サークルの1つや2つは連絡がとれるものですよ。参加してみたりして「ああいい雰囲気だな」とか「取り組み方に共感できるな」とか思ったなら、サークルのメンバーになるのも悪くありません。どんなサークルの扉を叩くか、そしてどんなサークルに所属するか、それは皆さん次第となるでしょう。くれぐれも選択は慎重に(笑)。
 いろんなサークルがありますからね。私個人としては、ゲーム関係の視点もともかくとして、外来者への対応の仕方も重要なことだと考えています。以前、あるサークルの定例会(オープン参加を謳っていたもの)に行ってみた時、外来者に対して非常に「つっけんどん」というか「参加させてやろう」といった感じを与える対応をされたことがあります。そこは他にも一般参加の人がいましたし、常連あるいはメンバーの人も多くいたようです。参加者の多さがサークルとしての余裕となり、そんな対応になったのかもしれません。しかし、私はもう、そのサークルの定例会等には行くまいと思いました。人の受ける印象なんて、やはり第一印象というものが大きく影響するものです。実際その辺りは、そのサークルの体質がにじみ出てくる部分でもあると思います。その後に所属したサークルは、外来者への対応も結構ちゃんとしていると思いますし、実際に私が初めて問い合わせ(ハガキによるものでした)した際にも、代表者の方はとても丁寧な対応をしてくださいました。その辺のこともあって(それだけじゃありませんけどね(笑))参加するに至ったわけです。


いろいろなゲーム…
 世の中にはいろいろなゲームがあります。ファンタジーからSF、ホラーや学園ものまで様々です。ファンタジーの中でさえも、中世ヨーロッパ風なものから独特の世界観をもつものまでいろいろあります。ゲームの数だけ世界があり、またゲームマスターの数だけさらに世界があるとも言えるでしょう。ある程度の種類のゲームはプレイしましたが、私が好きなのはファンタジー系のものです。初めて「まともに」プレイしたTRPGでもあるD&D(R)がそうであったことも大きいのかもしれません(笑)。D&D(R)を始めたころは、日本でTRPGといえばD&D(R)でしたし、コンベンションでもほとんどの卓がD&D(R)でした。その後、様々なゲームの日本語版が発売されるようになり、また日本国産のTRPGも多く発売されました。有名なソードワールドは日本製TRPGでは盛りあがった方でしょうね。それまで多かったD&D(R)型の箱入りタイプ(1セット5,000円だったでしょうか)ではなく、文庫本としてルールやシナリオ集が発売されたのが大きかったんでしょうね。文庫版なら、金銭的に厳しい中学生、高校生などにも買いやすいですから。同時期に創刊された月刊誌に正誤表やサポート記事などを掲載したのも要因の1つでしょう。
 いろいろなゲームが出てくるにつれ、D&D(R)のプレイ人口は減っていきましたが、現在ではTRPGそのものがいまいち元気がない状態になってしまっています。これはトレーディングカードゲームというものの流行が1つの理由になっているのかもしれません。とは言え、TRPGファンがいなくなってしまったわけではありませんし、TRPGが無くなってしまうとも思いません。私はまだまだこれからも楽しんでいこうと思っていますし、他の人達もそうしてくれればいいなとも思ってます。もしTRPGに興味をもち、やってみたいなと思ってらっしゃる方がいらっしゃったら、是非、近くのゲーム取り扱い店の店員さんにでも話しかけてみることをお薦めします。きっと新しい何かが待ってると思いますよ。

≪トップページに戻る≫