ファンタジー ほんとに?怖い"仮定の医学"

TOP >> ファンタジー ほんとに怖い?"仮定の医学"
 RPGにおいて、ひどい暑さ、寒さ、また風雨など過酷な環境にさらされる旅人、そして冒険者たち。ハードな環境には慣れているはずの彼らでも、時には体調を崩し、病に倒れることもあるでしょう。
 また、怪物から受けた傷、小さなネズミなどに噛まれた傷によって、あるいは魔法的効果や呪いなどによって、キャラクターが病気になってしまうことはないでしょうか。多くのRPG、ファンタジーなどでは、一般的な動物を含めて、様々なモンスターは、普通の病気はもちろん、ときには魔法的な病気さえも媒介する(ときには自らも罹患する)とされています。

 風邪は万病の元と云われますが、風邪どころではなく旅人の脅威となりうる病気はたくさん存在します。単なる風邪から、非常に危険な病気まで、ここでは、旅人にとって身近な病気や、特殊な病気、またファンタジーならではの魔法的な病気などについて書き並べてみます。RPGにおけるエッセンス、ファンタジー創作のネタとしてお読み下さい。
 

【1 実在の病気・症状】
 (1) 風 邪
 (2) 二日酔い

【2 魔法的・超自然的疾病】
 (1) ライカンスローピィ
 (2) 腐敗病
 (3) 生ける屍の病(living dead disease)

【免責事項】当記事は、医療の専門家が書いた文章ではありません。現実の医療については、専門の医療機関にご相談下さい。当サイトの記事による健康被害等については、責任を負いかねます。